STORY

「亮…俺、進路決めたぜ!」
前作のロッヂでの事件から数ヶ月後、大学生の上坂栄治は平凡な日々を過ごしていた。
ある日、栄治、奈央、亮は就職活動を終えた高校時代の先輩に出会う。
会話をする中、栄治は自分の進路を意識し出すが、誰からも相手にされない。
仕方なく栄治は一人、進路相談のために前回の事件で知り合った探偵の山口裕介の元へ会いに行くが、そこで細川麻由美(足立玲菜)から送られてきた依頼メールを偶然見てしまう。

「ターゲットがこの中に…」
その頃、廃校を舞台にテレビ特番のデモテストとして一つのゲームが行われていた。
「そうか…これが…」
誰もいない教室で覚ます東城由姫、目の前はスイッチが置かれていた。
各部屋で目を覚まし、戸惑いながらもルールを確認しゲームに参加するメンバー達。
しかし、一向に姿を見せない運営スタッフ。
果たしてこのゲームの本当の目的は…?

参加メンバーの中からターゲットを見つけだし、ポイントを競い合う。 優勝者にはポイントに応じた賞金を手にすることが出来る『監視ゲーム』開幕!




・指定されたプレイヤーを監視してください。その際、監視している時はポケットの中にあるスイッチ(携帯のページ)をONにしてください。ターゲットが10m以内の場合、お客様にポイントが入ります。それより離れている場合はスイッチ(携帯のページ)をOFFにしてください。ポイントが入らず、減る場合がございます。お客様の現在のポイントを知る場合はこちらの番号へ電話にて確認ください。
・ゲーム時間は特別な場合を除き、24時間です。
・相手の番号を聞く、または答えるのは禁止とさせていただきます。
・監視中は常にポイントが増えます。ただし、スイッチをOFFにした状態で3時間以上経つと失格になります。その場合、ポイントは全額没収になり、ゲームリタイアということになります。尚、リタイアされた方も退場せず、最後までゲームに参加してもらいます。
尚、10m以内に5人以上の方がいる場合、電波の混線によりポイントが入りません。
・ 報酬はプログラム終了後のポイントに応じた金額を支払います。
その中で総ポイント数が一番多いものを優勝者として、賞金と特別賞を差し上げます。また、参加者全員には参加賞を差し上げます。尚、プレイヤーが一人だけになってしまった場合、特別ボーナスとして賞金の他、全員分の報酬を差し上げます。
・この説明の中に、嘘、戯れ言が含まれています。